トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトで私のペナルティを受けないサイト作り方法!

現在私はトレンドアフィリエイトを半自動化(タイトルを考えるのみ)で行っており、安定して10数万円の報酬を発生させています。

この記事を読んでいるあなたも同じように実践しているかもしれませんが、一番トレンドアフィリエイトで避けたいことはなんでしょうか?

書いた記事にアクセスがこない

速報記事に間に合わない

など色々あると思いますが私が考えるのはGoogleからのペナルティを受けることです。

これを一度経験してしまうと、以降のサイト作成意欲の減少や最悪アフィリエイトの分野をあきらめる程のダメージを受けるてしまいます・・・

特にトレンドアフィリエイトでやっと月10万を達成し、一つのブログだけを運営しているとペナルティいきなり収益0に落ちるのは悪夢でしょう。

そこで今回はトレンドアフィリエイトに関する

トレンドアフィリエイトで私のペナルティを受けないサイトつくり方法!

についてシェアしたいと思います。

ペナルティーの種類とは?

私のペナルティを受けないサイト

みなさんも知っている通り,普段何かインターネットで調べたい時にはYahooやGoogleなどの検索エンジンでキーワードを打ち込んでいきます。

トレンドアフィリエイトはアクセスを数多く集めることで収益が上がっていくので

アクセス数アップ=検索エンジンで記事を上位表示する

という考え方は非常に大事になります。

ただ検索上位を狙う中で、検索エンジンにとって好ましくないコンテンツばかりを作成し続けていているとペナルティーリスクが上がります。

 

ここでいうペナルティとは2つあり

  1. 運営サイトが低品質で価値がないと判断されると、検索上位に書いた記事が表示されなくなる
  2. Google AdSense(グーグルアドセンス)アカウント停止

になります。

よく聞くのが①のケースになりますが、②のアドセンス停止を受けてしまうとクリック報酬型アフェリエイトで最も効率がいいグーグルアドセンスを失うことになります。

グーグルアドセンスはトレンドアフェリエイトだけでなく特化ブログなどにも応用できるので、これだけは絶対に避けたいところですね。

ちなみにYahooの検索エンジンはGoogleの検索技術を利用している関係でYahooとGoolgeの検索結果は似たような形になっていきます。

つまり①でgoogleの検索エンジンから外れてしまうとyahooの検索エンジンでも同様の結果になりサイトへのアクセスが激減します。

私のペナルティを受けないサイト作り方法!

私のペナルティを受けないサイト

ちょっと説明が長くなってしまいましたがまずペナルティを受けないためにはこちらの記事で説明しているようにルール内で運営することがマストになります。

 

この項目を守っていればペナルティを受ける可能性はかなり減らすことができます。

実際、私は複数サイトを運営し累計記事は2000記事近くなりますがペナルティを受けたサイトは一つもありません。(GoogleAdSenseの停止、検索順位の除外なし)

それには上の禁止事項を記事内で書かない以外にもう一つ意識していることがあり

運営サイトのURLを友達や家族に教えれる内容にする

ということです。

 

低品質コンテンツとみなされ手動ペナルティを受けるコンテンツの多くは他のサイトとほぼ一緒の内容やオリジナリティがないですね。

もしあなたが運営するサイトを自身と直接関わりある人に公開できる見せても問題ないコンテンツ作りを心がければ、自然と読者からの満足や直帰率の低下などの結果が生まれます。

つまりユーザー満足度の高い記事を掲載していくとペナルティリスクとは無縁になります。

この考えでいるとGoogle検索エンジンの評価やご自身の記事作成マインドも役立つ情報を届けるという意識になっていきやる気も向上していきますね。

まとめとして

少し抽象的な考え方になってしまいましたが、どうだったでしょうか?

トレンドアフィリエイトはやはり他のアフィリエイトに比べてペナルティーを受けたという話も多く聞きますが、ポイントを押さえていれば避けることができます。

ブログ運営に近道はなく王道で突き進んでいけば稼げることは私自身も実践してわかっているので、ぜひペナルティーを避けて質のあるサイト運営を展開していきましょう。

↓無料でアフィリエイト教材を配布中↓

期間限定でアフィリエイト初心者でも迷わずに開始4か月で月利10万円を達成するために私が作ったアフィリエイト無料教材(DICEMAP)をメール講座に登録された方にプレゼントさせていただきます!

⇒たけ(Take)のメールマガジンに登録する(無料)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です