副業

副業解禁でサラリーマンにおススメのビジネスは何?会社にはバレない?

以前は一つの会社に入ると定年まで勤めあげる終身雇用制度が一般的でしたが、現在はその割合はかなり減っています。

時代の変化とともに今まで常識と思われていた終身雇用・年功序列型の企業は減ることはあっても今後増加していくのはなかなか考えられないところです。

そんな中で、2018年話題になっているのが副業解禁の話題ではないでしょうか?

日本政府が主導している「働き方改革」で

副業や兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効である

と明言し今まで副業というと少し給料プラスのお金が欲しいなどネガティブなイメージだったんですが、政府がお墨付きで推奨しているんですね。

私を含めて周りでも副業をしている・取り組みたい人は増えていますし、この流れは2018年以降も継続していくでしょう。

そこで今回の記事では

副業解禁でサラリーマンにおススメのビジネスは何?会社にはバレない?

について注目していきたいと思います!

副業解禁でサラリーマンにおススメのビジネスは何?

副業解禁 サラリーマン おススメ ビジネス

今までの流れだと副業は時間的に本業にマイナスになる・情報コンプライスの不安・同業種の副業で競合する可能性など国として禁止の方向性でした。

ただ、今の時代『終身雇用制度の終わり』などといわれているように会社に依存しない生き方に変化していっています。

副業は収入の柱を2本持つことで、いきなり会社・職がなくなるリスクヘッジにもなりますし新しいことをスタートさせることであなたの興味あるビジネスが自由にできます。

では一般的に平日のほとんどの時間を会社勤務しているサラリーマンにはどんな副業が向いているのでしょう?

大きく分けると、まず思いつくのがサラリーマンと同じように時間型報酬で、次に成果型報酬という副業があるので順番に見ていきます。

副業(時間型報酬)

副業解禁 サラリーマン おススメ ビジネス

派遣社員の方なら時給・日給というケースもありますが、サラリーマンの多くは月給など時間に対しての報酬になる雇用形態で働いている人が多いかと思います。

一部インセンティブや報奨金などの割合が多いケースもありますが、時間単価×勤務時間=収入になっています。

副業でもこの時間型報酬で働く時間を増やすことで収入をアップさせるケースが多いですね。

例えば、平日会社終わりや土日に家庭教師や塾講師をして1コマいくらだったり、アルバイトをする考え方になります。

もしあなたに何か技能があればインストラクターや飲食・接客業で頼られる存在になっていくでしょう。

副業として時間型報酬をするメリットとしては

自身の興味があったり本業とは別の得意なことを楽しみながら仕事にできる

時間給なので報酬が安定する

などが挙げられます。

逆にデメリットとしては

本業で休日出勤や残業などが発生するとスケジュール管理が大変

拘束時間の発生・時間当たりの金額がそこまで高くない

になります。

この時間型報酬タイプの副業なんですが、仕事を2つ持っているダブルワークという意味が強いですね。

そのため好きな時間だけ働くといったわけではなく、あなた自身でスケジュールを管理することが大変になります。

悪いケースだと、1週間ずっと何かの仕事を休みなくしている状況にも陥るので注意が必要です。

成果型報酬

副業解禁 サラリーマン おススメ ビジネス

この時間型報酬に対して、自身で報酬は保証されていませんが時給レベルを超える金額を超える報酬を得ることも可能です。

成果型報酬には副業にできるかなり多くの種類があるので代表的なものを紹介していきます。

投資・経営

FXや株式、最近だと仮想通貨などは時間に縛られずスタートでき、ノウハウを紹介する本やサイトなども多いです。

ただこの副業は爆発的に稼げる可能性を秘めていますが、一方で大損の可能性もあります。

また最近では経営を副業ビジネスに選び駐車場や賃貸などを選択する人もいますが、初期コストが大きく初めて副業とするならリスクもあります。
(不動産に勤めているサラリーマンの方などは知識もあるので向いています。)

インターネットビジネス

私自身も副業として取り組んでいるのがこちらのインターネットビジネスになります。

自分でしているからというわけではないんですが、サラリーマン副業では一番おススメのビジネスで、

空いている好きな時間で場所もインターネット環境さえあれば国内だろうが海外だろうが取り組める自由度の高さが魅力です。

代表的なものに

サイトを作成して行うアフェリエイトや輸入・輸出ビジネスがあげられます。

成果がでるまでに時間がかかるという点がありますが、正しい方法で進めていれば時間に対する効率パフォーマンスが高いのが特徴です。

私もそうですが月に10万円レベルなら数ヶ月で到達でき、副業でも数十万円を超えることができ本業へのステップアップの基礎としての価値も高いです。

私たけ(Take)のアフィリエイトに取り組んだきっかけはこちら↓

プロフィール

サイト運営者たけ(take)のプロフィール!アフィリエイトのスタートを紹介。

サラリーマン副業解禁で会社にはバレない?

副業元年といわれる2018年なんですが、副業解禁で少なくない企業が副業OKの姿勢の中でまだ認めていない企業も多いです。

となるとせっかく副業の意欲はあっても会社にバレないかが気になりますよね?

この答えとしてはある程度の金額を稼いでいると会社もあなたの知る可能性が高いです。

理由としては副業で報酬を得ると確定申告の必要があります。(しないと利益にもよりますが法律に違反してしまいます。)

この際に現状ではマイナンバーカードのコピーの添付等が必要になるので、これで会社の給料と紐づけされてしまうんです。

サラリーマンの場合は、会社の給与に課税される住民税と副業の収入に課税される住民税の両方が、会社を通して一括で源泉徴収されるようになっています。

これを避ける方法としては副業での確定申告時に、書類の住民税に関する箇所で自身で住民税を収める方法をとりましょう。

確定申告書の用紙の2枚目にある「住民税・事業税に関する事項」という欄のなか(画像参照)に

副業解禁 サラリーマン おススメ ビジネス

「自分で納付」という項目があるのでそこにチェックをすると、あなたが年間で得た副業から算出される住民税は会社からの引き落としではなくなります。

これをすることでマイナンバーを入れても、会社には副業の収入に対する住民税の通知は基本的にいきません。

ただ、あなた自身で住民税を役所に支払うことになりますので忘れずに行いましょう。

他にも会社バレを避けるには確定申告をしなくてもよい年間20万円以下の収入に抑える必要がありますが、やはり副業をするからにはもう少し稼ぎたい気持ちがありますね。

 

会社が副業OKなら問題ないですが、NGの場合でどうしても副業をしたいという場合はバレないために色々考慮する必要があります。

時間の流れとともにこういった問題は解消してくると思いますが、2018年の副業元年の現状ではもう少し様々なことに改善の余地がありますね。

まとめとして

私自身もサラリーマンですが、副業に数年前から取り組んでいて今ではアフィリエイトで30万円近い金額を稼いでいます。

本業プラスの収入があれば生活が楽になりますし、なにより終身雇用でなく独立して好きなことをできるというメンタルも持つことができます。

今後も副業を行うことはどんどん一般的になってくると予想でき、おススメのビジネスは人それぞれなのでぜひあなたに合う副業にチャレンジしてください!

ランキングに参加中です!よかったら下記クリックお願いします↓

アフィリエイトランキング

↓無料でアフィリエイト教材を配布中↓

期間限定でアフィリエイト初心者でも迷わずに開始4か月で月利10万円を達成するために私が作ったアフィリエイト無料教材(DICEMAP)をメール講座に登録された方にプレゼントさせていただきます!

⇒たけ(Take)のメールマガジンに登録する(無料)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です